芸能

井上咲楽・ぶっ飛びで眉毛どころじゃない!水着より恥ずかしいXX!

2016/11/30

「両津まゆげ」なんて言われながらも
大きな目と、クルクル変わる表情で
場の注目をイッキに引きつけてしまう
現役JKアイドルの井上咲楽さん。

死語になりつつありますが、
以前、面白いのにアイドルという
『バラドル』という言葉を
流行らせた井森美幸さん、山瀬まみさんを
輩出したホリプロから、
久しぶりに(いろんな意味で)
強力なアイドルがでてきたなという感じ。

なんでもアリな最近の芸能界でも
異質で逸材なアイドルという
井上さんが気になりすぎますね!

スポンサーリンク

井上咲楽のプロフィール

井上咲楽(いのうえ・さくら)
本名:井上咲樂
1999年10月2日生 A型
151cm
栃木県芳賀郡益子町出身
好きな教科:日本史
好きな食べ物:たらこ
好きな飲み物:井戸水
座右の銘:人生を楽しむ

好きな飲み物が井戸水って(笑)
たしかにおいしいですけど、
東京ではあまり手に入らないかも・・。

井上さんは栃木県の、お父さんが
山を切り拓いて建てた家で
育ったそうです。イノシシも出るとか。
「毎日が登山」というほどハードな
環境のおかげで、自転車通学で
足に筋肉がついて困ったそうです。

小さい頃からとにかく目立ちたかった
井上さん。
Eテレ子供番組「ひとりでできるもん!」で
同世代の福原遥さんが”まいんちゃん”として
活躍する姿に嫉妬していたそうです。

はじめはお笑い芸人として吉本興業に
入りたいと考えていたそうですが、
やはり同世代の子がドラマで活躍する
様子を見て、「自分も演技がしたい」
いう気持ちが大きくなっていったそうです。

そして、2015年、16歳の時、
「今年中に絶対に芸能事務所に所属する」
と、決意。

家族の許可を得て
ホリプロタレントスカウトキャラバン応募。
そのステージ上で全く緊張せず堂々と
「グランプリは私がとる」と宣言
ほかの候補者と一線を画した内容、
ものまね、お笑いを盛り込んだ独特の
自己アピールで目立ちまくりでした。

Mr.ビーンのものまねでは
くっきりした眉毛を生かしていました。
「眉毛がなければ受からなかったかも」
と、自ら言う井上さん。

結果は決戦大会でソフトバンク賞受賞。
ソフトバンク賞として名前を呼ばれても
自分がグランプリだと疑わず、
「あ、ダブル受賞か」と思ったそうです。
なんというポジティブ!!

グランプリで自分が呼ばれなかったことに
あからさまに不満な表情をしていたと
あとで隣に立っていた子に
言われたそうです・・・笑

デビュー後もぶっ飛びまくる井上咲楽

スポンサーリンク

深夜の番組「今夜くらべてみました」に

出演した井上さん、
春香クリスティーンさんとファミレスで
話している場面で、

「中学生の時眉毛が繋がっていた。
 職員会議の議題になり、
 先生が抜いてくれることになった」

と、よくわからないエピソードを披露。
なぜ・・・。

しかし井上さんの話はまだまだ続き、
「教室でおもらしした」
「今でも寝小便をする」ことを告白。

「中一の時。本当にやばくなって『ショーー』って。みんなで拭いた」
「おねしょは今でもするんです。家族に馬鹿にされるからそれでもシーツを替えない。布団も干してない」

という、アイドルとは思えない発言。

 

テレビ番組だけでなく、Twitterも。

どうでもいい、
いえ、知らない方が幸せな情報を全世界へ発信・・

ある意味、水着どころか
ヌードになるよりもこの下ネタは
後戻りできないのではと思いますよ笑

最初、井上さんのぶっ飛びキャラは、
よくある、「とにかくまず目立つ」売り出しの
ステップなのかと思いましたが、
どうやらそうではないみたいですね。

意外にも憧れているのは
石原さとみさんや有村架純さんの
路線だそうです。

サービス精神はとにかく旺盛ですから、
何らかの方向で突出していくのは
間違いなさそう。
アイドルでここまで言っちゃう子は
初めてかも!?
年齢的にはますます綺麗になっていくと
思いますので、いったいどうなるのか
予想もつかない感じですね!(本当に)

 

スポンサーリンク

-芸能