芸能

斉藤由貴のキス写真に思ったこと・・魔性の女の条件。

女性の不倫ニュースが増えてきたのか、隠し撮り技術が上がって、いままで撮れなかったような相手も撮れるようになってきたのか・・と思ったけど、違う。

スマホが普及して、不倫がラインで連絡を取り合うようになったからなのだと思う。

スマホの管理が甘いから、妻が気付きやすくなった。で、妻がリークしているんだろう。

 

スマホはガラケーよりもダイヤル画面が大きいから、パスワードをショルダーハック(肩越しにパスワードを盗み見る)がしやすい。

あと、脇の甘い男性だとラインの通知音がそのままだったり、パスワードが1234とか誕生日だったりするのもあると思う。

 

斉藤由貴はいまも斉藤由貴だった

不倫の釈明会見をみたとき、

「ああ、やっぱり斉藤由貴は良妻賢母なんかでなく斉藤由貴だ」

と思って嬉しかった。

若いときに尾崎豊、川崎麻世たちと不倫をしていた斉藤由貴は50になっても変わっていなかったんだ。

こういう、真性の「魔性の女」を見ると嬉しくなる。

彼女たちに共通なのは「そんなつもりではなかった」という言葉。

「まわりを傷つけるつもりはなかった」

「そこまで悪いことだとは思ってなかった」

「彼がそんなに私に入れ上げてるなんて思わなかった」

彼女たちはいつもこう言う。

そして、こういうタイプはすごくモテる・・。

スポンサーリンク

魔性の女は待たない、追わない

 

おそらく、彼女たちは、男性からのメールや電話を待つあまり、携帯が鳴るたびにあわてて確認したりしない。

ましてや、「なんか鳴ったような気がする」といって鳴りもしない電話を見たりはしない。

 

男性から「さよなら」と言われたら、

「え、あ、そうか・・うん、さようなら」

と言って別れたあと、彼のことを考えているのは帰りの電車内ぐらいまでで、駅を降りたらコンビニでデザートでも買って、あとは通常通りだろう。

 

ただ、斉藤由貴はそういう自分はよくないと思う部分がどこかにあって、宗教の道に入ったのだろうか。

わからないけど、斉藤由貴はこれを境に芸能活動は止めて家庭に専念という可能性もあるのだろうか。

「そうなったら残念だな〜・・・こんな自撮り晒して『記憶があいまい』とか、他の人じゃ言えないよ」
と、あの意味不明なキス写真を見て思った。

 

スポンサーリンク

-芸能