芸能

桐山漣・高学歴苦労人はライダー命・好きな女性の仕草は「下着を・・」

2016/11/30

映画「カノン」「曇天に笑う」、
と立て続けに
映画に出演している桐山漣さん。

2

仮面ライダー、テニスの王子さま、
イケメンパラダイス、と、
美形系イケメンしか出られない作品は
制覇している感のある桐山さんですが
ここまで来るのに道のりは平坦では
なかったようです。

苦労人の反動か(?)
ちょっと変わったところもあって
そこがまたイイという声もあり・・。

桐山漣さんの下積みと(変態の)噂を
調べてみました。

スポンサーリンク

桐山漣のプロフィール

桐山漣(きりやま・れん)
本名:西山英樹
1985年2月2日生 O型
175cm
神奈川県出身
桐蔭学園高等部卒業
趣味:音楽鑑賞 スノーボード
ビリヤード ドライブ
特技:ベースギター スキー
好きな食べ物:エリンギ はっさく
杏仁豆腐
嫌いな食べ物:らっきょう
缶詰の白アスパラ
くさや
兄弟:

好きな食べ物が、お寿司とか焼肉とか
カレーとかでなく、通好みなところに
こだわりを感じますね。

嫌いなものは、外ですすめられたり
ご馳走として出てきたりするものは
ないのでお付き合いで困ることは
なさそう(余計なお世話)。

出身校の桐蔭学園は、
神奈川県有数の進学校。
「学校も勉強も嫌いだった」という
桐山さん、桐蔭に入れただけでも
すごいと思いますが・・・。
同級生には水嶋ヒロさんがいたそうです。
よく、水嶋さんに似ているといわれる
桐山さんですが同級生だったんですね!
(水嶋さんも仮面ライダーOB!)
クラスメートの女子うらやましいー!
と思ったら男子女子別の編成でした・・。

6

画像出典:桐山漣オフィシャルブログ

20代前半は俳優を目指して
演技などの勉強をしながら
バイトで生活費を稼いでいた桐山さん。
バイトを複数掛け持ちするのは普通で、
100円ショップからティッシュ配り、
とんかつ屋、カフェ店員、日雇いまで
なんでもやったそうです。
オーディションに応募し続けても
なかなか通らず、通帳残高が数十円
かなり追い込まれたこともあったそうです。

心の支えは、「仮面ライダーを演じる」
小さい頃からの夢である仮面ライダーは
若い頃にしか演じられない。
苦しい日々をその思いで乗り越えました。
「テニスの王子様ミュージカル」で
デビューはすでに果たしていましたが
仮面ライダーは諦められない日々。

そして、2009年。
五度目の仮面ライダーオーディションで
「仮面ライダーW」の主演決定。

マネージャーから合格を聞いて
「夢が叶った瞬間」を感じ、
数寄屋橋交差点で泣いてしまったそうです。

このとき審査にあたったプロデューサーも
「応募者の中で一番やる気があった」
語っています。

4

画像出典:桐山漣オフィシャルブログ

実は、仮面ライダーの主演を掴むことは
なかなかできないでいましたが、
仮面ライダーの途中参加で(主演でない)
オファーがきたことがあったそうです。
しかし主演へのこだわりが強かった桐山さんは
断るという選択をしたそうです。
まだそこまで売れていない俳優さんとしては
かなり勇気のいる決断ですよね。

桐山漣のこだわり?変態?

スポンサーリンク

占い師ゲッターズ飯田さんから
「変態」と言われた桐山さん。
なにげない発言で周りを驚かせています。

子供の頃からの仮面ライダーになる夢を
実現させた桐山さんですが
子供の頃から好きな「カンチョー」
やめられないそうです。

「僕はおじさんになってもカンチョーをやめません」

また、好きな女性の仕草について聞かれ、

「ブラやパンツのくいこみを直している時」

と答えて周りをドン引きさせたことも。

ドラマ「ロストデイズ」に出演した時は

寒い中の撮影で、
女優の三吉彩花さんがロングブーツから
露出しているふともも部分が
「生足なんですよ(だから寒い)」と言った
『生足なんですよ・・』の言葉が頭から離れず
困ったそうです。

3

また、ある学園祭でフェチについて聞かれると、

「ニットを着ている女性の体のライン」
「ショルダーバッグの紐が胸にくい込む所」

・・・どうやら、女性の体の生々しさを感じさせる、
何かがツボ、なのでしょうか??

 

そして極めつけ、付き合った女の子には

「嫌がれても頭皮の匂いを嗅いだりする」

やめましょうよ・・・笑

 

とにかく芝居フェチ
演技をしている時が一番楽しいという
桐山さん。
ゲッターズさんからも「役者は天職ね」
太鼓判を押されたそうです。

多くのアルバイト経験は
決して無駄にはなっていないはず、
引き出しの多い俳優さんになりそうですよね!

1

スポンサーリンク

-芸能