芸能

尾高杏奈・可愛いけど意外にベテラン女優の出身やデビュー当時動画も!

2017/01/16

「スカッとジャパン」の再現ドラマで
初恋スカッとのヒロインを演じた
尾高杏奈さん。

口元のホクロが可愛い尾高さんの
出身や映画デビュー当時の動画など
調べてみました〜!

スポンサーリンク

尾高杏奈のプロフィール

尾高杏奈(おだか・あんな)

1990年6月28日生

O型

157cm

学習院女子大学国際文化交流学部卒業

特技:英語 ピアノ 手話 日本舞踊
水泳 英検2級 漢検3級
乗馬4級ライセンス 普通自動車運転免許

所属:ヒラタオフィス

日本舞踊は事務所で習わせてくれた
のかもしれませんが、乗馬は
かなりお金がかかる趣味ですし、
大学は学習院を出ていますので、
尾高さんの実家は裕福なお家なのかもしれませんね!

子役として活動していた尾高さん。
少女タレントとして人気があり、
DVDもリリースしている尾高さんの
演技力が知られることになったのは、
15歳の時映画「四日間の奇蹟」の準主役の
オーディションで選ばれたこと。

この映画の中で重要な役である
ピアニストで知的障害を持つ
楠本千織を映画デビュー作ながら
見事に演じ、当時大きく注目されました。

その時の映像はこちら

初々しくって可愛いですね^^

ネタバレになってしまうので言えませんが
知的障害、ということを別にしても
かなり特殊な設定で、演じるのが
難しい役だったのではないかと思います。

予告編だけで泣いてしまいそう・・

スポンサーリンク

尾高杏奈は市川海老蔵の元彼女?

このままどんどんブレイクしていくと
思われた尾高さんですが、

2006年に映画「出口のない海」
共演した市川海老蔵さんと
デートをしていたという記事が
2008年に出てしまいました。

当時市川海老蔵さんは30歳、
尾高さんはまだ18歳。
すぐにこの話は忘れ去られましたが、
イメージダウンは避けられなかったのか、
大学生活を優先したのか、
このあと数年間はドラマ出演も映画出演も
ずいぶん数が少ない印象を受けます。

とはいえ、バイプレイヤーとしての
評価が高いのか、
NHKの朝ドラは
「風のハルカ」
「芋たこなんきん」
「純と愛」と、いままでに3作品、

「科捜研の女」「相棒」ほか、
ミステリーや刑事ものでは
キーパーソンとなるゲスト役として
とても多くの作品に出演。

映画も、2015年は
問題作「木屋町DARUMA」
2016年は「白鳥麗子でございます!」
にも出演、脇役として存在感を発揮しています。

「スカッと」に出演すると注目度が
ぐっと上がるので、今後の尾高さんの活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク

-芸能