文化人

柳原尚之の料理教室の評判は?本人は22時間ぶっ続け経験「死にそう」

2016/11/30

スポンサーリンク

NHK「今日の料理」や
TV朝日「モーニングバード」で
白衣をキリッと着こなし、
いかにも品がいいけれど気さくな
雰囲気で人気の柳原尚之さん。

1

画像出典:柳原料理教室

お出汁の効いたすっきり風味の、
自らが和食を体現したような
イケメン懐石料理人として人気です。

料理指導だけでなく
時代劇やドラマでの所作指導
(振る舞い、身のこなし)、
料理考証も担当されている柳原さん、
お父様と料理教室をなさっていて
柳原さんご本人から教わることが
できるそうです。
・・・ちょっとどんな内容なのか
気になりますね!
柳原さんの経歴とともに調べてみました。

柳原尚之の経歴

柳原尚之(やなぎはら・なおゆき)
1979年生まれ
東京農業大学農学部醸造学科卒
「マルキン忠勇」研究員 ののち
オランダ帆船のキッチンクルーを1年。
現在は柳原料理教室主宰。
著書は
『和食をつくろう!』シリーズ(教育画劇)
『おとなの和食 再入門』(主婦の友社)
など料理関連の著書多数。
NHK「きょうの料理」で陳建太郎さん、
きじまりゅうたさんと「おかず青年隊」を
結成。
趣味:アイスホッケー、自転車、茶道
舞踊など

2

江戸懐石近茶流の家に生まれた
柳原さん、人生最初の料理は
6歳の時に作った鯛茶漬け。
包丁は祖父からプレゼントされた
和包丁を使ったそうです。

親から後継をほのめかされたことは
一度もなかったそうですが、
やはりカエルの子はカエル。
食べ物に興味があったのですね、
高校卒業後は醸造や発酵のしくみを
学ぶため東京農大の醸造学科に。

そして、卒業後は一年間
醤油の製造会社で研究員を
務めたそうです。

7

画像:柳原尚之 Facebookより

醤油会社のお勤めのあとは
大学時代の縁がもとで
子供の頃からの夢だった、
オランダ帆船のアジア人
キッチンクルーとして
世界の海をわたったそうです。
依頼があれば寿司も握ったことも。

ドイツの港町の大きな祭りに
参加した時は10日間連続昼夜催され、
料理人は毎日22時間立ちっぱなしで
料理を作ったそうです。
「もう、死にそうですよ」

そんなにきつい目にあいながらも
嫌いにならなかった料理。
一生の仕事にしようと決めたのは
その時だったそうです。

柳原料理教室の評判は?

スポンサーリンク

テレビでも柳原さんの姿や
料理の技を拝見することはできますが
直接指導してくださる教室のことも
気になり、調べてみました・・♪

柳原料理教室は東京都港区赤坂にあります。

5

こちらで教えてくださるの
江戸懐石近茶流(きんさりゅう)、
江戸文化を背景とした
料理、技法としきたりだそうです。

おけいこは
月に二回、一回が3時間半ぐらいと
なっていますが、かなり長引くことも
あるそうです。
入会金は32,400円
お月謝は材料費など込みで20,520円です。
立地や先生の知名度、
一回のお稽古の時間が長いことを考えると
比較的、良心的な価格かなと思いますが、
いかがでしょうか?

実際のお稽古は、
携帯電話やカメラの持ち込みは禁止。
撮影や録音などはできないですし、
途中で着信があって集中力が
途切れることもなさそうですね。

内容は、お米のとぎ方から
お出汁の取り方と包丁さばき、
魚のおろし方など料理のすべてを
徹底的に教えてくださるそうです。
できたお料理は本格懐石の
とても美しいものができて感動モノの
ようですが、残念、撮影不可ですから
ブログアップはできないですね・・・。
男性や、かなりシニアの生徒さんも
多いそうです。
一度は行ってみたいものです・・・。
(本を買おうかな)

9

画像柳原尚之 Facebookより


英語も堪能
な柳原さん、
国際文化交流使としての
文化庁より任命を受けて
和食の世界普及にも活動されていました。

日本の食卓は欧米化してきていて、
それ自体は悪いことではないですが
和食は和食できちんと受けつぎたいもの。
見た目が全てではないですが、
イケメンの先生の効果は大きいと思いますね。
今後も柳原さんのお顔にも手元にも
注目していきましょう。

スポンサーリンク

 

-文化人