芸能

真野恵里菜【逃げ恥】ドラマ連出で低迷脱出、でも高畑裕太のせいで

2016/12/02

朝ドラ「とと姉ちゃん」
ヒロインがビジネスガール(OL)と
して会社勤めをしていた時
タイプ室のリーダーとして
女子社員をまとめていた
早乙女女史を演じたのが
元ハロプロの真野恵里菜さん。

キリッと髪をまとめ
スカートをはきこなして
胸を張って任務をこなす
職業婦人があの真野さんだと
最初はわかりませんでした。
女性の職業での地位が
まだまだ低い中、家族の
生活をさせるために
キツいけれど一本筋が通った
女性として印象的でした。
登場期間としては
長い方ではありません
でしたが、ドラマを通して
見ていた視聴者の心に
強い存在感を残しました。

2016秋のドラマの目玉
「逃げるは恥だが役に立つ」
新垣結衣さん演じる
主人公の親友を演じるそうです。
元ヤンの親友キャラ、というと
「一本気でちょっと言い方は
きついけど美人で本当は優しい」
みたいなのが多い気がしますが
このドラマはどうなんでしょう
楽しみですね!

出身はアイドルですが
もともと女優志向が高かったと
いわれる真野さん。
最近はすっかり
女優でやっていくことで
腹をくくった感じです。


正直言ってハロプロ時代は
売れていたとはいえなかった
真野さん、それでも自分を
磨く努力を続けて
今、注目を受ける場に
立つことができたようです。
なのに、思わぬことで
足を引っ張られて・・・。

何があったんでしょう?

スポンサーリンク

真野恵里菜のプロフィール

emano1
画像出典:所属事務所ジャストプロ 公式プロフィール

真野恵里菜(まの・えりな)
1991年4月11日生 B型
159cm
神奈川県座間市出身
日出高等学校中退
趣味:ピアノ、バスケットボール
ゲーム

ほかの情報として
五つ上のお兄さんがいるそうです。
こんな妹がいたらいいですねー!


松浦亜弥さんのような
アイドルになりたくてハロプロの
オーディションに応募しましたが
一度は落選
翌年またおなじハロプロ関連の
オーディションに合格
ハロプロエッグ第二生に
メンバー入りします。
2年後にインディーズで
ソロデビュー
その翌年にはメジャーで
ソロデビューと進みましたが
「なんであんな目立たない子が?」
と言われ、涙した日もあるそうです。


その後しばらく
ハロプロの活動を続けながらも
ちょうどグループアイドルが
飽和状態の時代。
目ざましい活躍はないままでした。

そして、ハロプロ在籍のまま
仮面ライダーシリーズの映画に
当時大ブームのなでしこJAPANに
ちなんだキャラクターの
仮面ライダーなでしことして
出演したのが話題になりました。

『ケイゾク』『TRICK』の
堤幸彦監督が演出した舞台に
真野さんが出演した時
「カンがいい。こちらの求める
ものを察知して的確に動いてくれる」
と大絶賛。
以来、堤監督の導きで演技の
仕事が増えていきました。


女優に専念するために
2013年にハロプロを脱退。直後に
パンチラお約束の回し蹴りや
過激なセリフのB級コメディの
「みんな!エスパーだよ!」
レギュラー出演。
今まででは考えられないような
過激な内容をこなし
アイドル脱皮を印象付けました。
そしてコンプレックスだった
体型を改善すべく
炭水化物ダイエットに見事成功
きれいにやせて大人っぽく
なりました。


そこからは映画にも立て続けに
出演、アイドル時代の低迷を
乗り越えた努力が実りました。

真野さんの真面目さを表す
エピソードとして真野さんが
明石家さんまさんのラジオに
出演した時
「スタジオ内に
台本を持ってくるのはありえない」
と言い切った真野さんに
さんまさんも驚きを隠せなかった
ようです。
とと姉ちゃんのタイピスト役と
なんとなくダブりますね。

いまではハロプロ出身で
一番のキャリアといえるほどに
女優として着々と成長している
真野さんですが

最近思わぬことで
主演映画「青の帰り道」の撮影が
中断してしまいました。

「青の帰り道」お蔵入り?

スポンサーリンク

原因は、共演の高畑裕太

映画の内容は群馬県前橋市で
生まれ育った男女7人の
青春を描いた内容で
高畑容疑者はこのうちの一人を
演じていたようです。
そういえば事件の現場は
前橋市のホテルでしたね。
この映画の撮影中だったのですね。

この事件を受けてほかにも
「24時間テレビ」のドラマが
出演者差し替えで撮り直しが
行われましたが
この映画の事情は特別で
町おこしを目的とした行政の
タイアップ映画だったため
すでについてしまった
この映画へのよくないイメージで
完成しても公開が難しいようです。
この事件の影響は日を追うごとに
膨れ上がっていますね・・・。

最初のオーディションに落選
アイドル時代もイマイチ
体型もコンプレックス。それでも一つ一つ乗り越えてきた
真野さんにとって今回の飛び火は
相当こたえたかもしれませんね。
とりあえず、私たちは
「逃げ恥」の真野さんを
応援していきましょうね。

スポンサーリンク

-芸能